• ホーム
  • 中古でスマホの購入で気を付けなければならない点

中古でスマホの購入で気を付けなければならない点

新機種が発売されるたび、ハイエンドタイプの機種だけでなく値段が高騰傾向にあるスマホですが、やすい値段での購入方法にリサイクルショップなどで中古を購入する選択肢があります。

最近では格安SIMとの組み合わせが人気で、中古スマホを取り扱うリサイクルショップなども増加しているので、その旨のサービスを告げるポップなどを目の当たりにする機会もあるのではないでしょうか。そこで中古スマホを購入することのメリットとデメリットを検討してみましょう。

最近では家電も子供のおもちゃも、新規にこだわらず中古で安くすませて、必要がなくなれば転売するというスタイルも広まりつつあります。この動向はスマホにおいても同様で、少し前のかたおちでも高機能のアイテムを割安な価格で購入することが出来るのは、中古スマホを購入することの最大のメリットです。また最近のSIM人気の高まりとの関係性も見逃せません。

大手携帯電話会社からも値段の安さが好感されて、格安SIMが人気です。しかし安い価格なだけに必要最小限の機能しか実装されていないので使い勝手が悪い場合もあります。そこで中古スマホを購入して、格安SIMを入れ込めば多機能な機種でも使用できるので機能面でも満足したSIMの活用が可能になります。

また画面にヒビが入り修理の必要に直面するのは、よくあることです。補償サービスに加入していれば安い修理代で済ませることも出来ますが、加入していないと修理代も相当な額に。そこで現在使用するタイプに近い機種を中古で購入すれば、高い修理費を負担を回避できます。

中古スマホを選択する購入方法には、色々なメリットがある一方で注意するべきデメリットもあります。特に注意すべきなのは故障したときの対応策です。メーカー保証期間が過ぎていれば、高額な修理費を覚悟する必要がありますし、携帯電話会社によっては購入者本人でなければ保証の対象外になっていることもあるわけです。また過去に使用履歴があるので、バッテリーが劣化し電池もちが悪い場合もあります。

また通販などで格安の中古スマホを購入するとき、注意したいのが赤ロムをつかまされることです。赤ロムとは割賦販売で購入されたスマホが支払い完了前に流通したものを指します。赤ロムは代金不払いで形態会社から端末ごとにロックをかけられてしまって使用不能になります。通販だけでなく、対面販売でも赤ロムではないことを確認しておくことがベターでしょう。